思考力

泥のようなマシュマロ

底無しの沼に手を突っ込んでいるわけではなかった。一度、吸収されてからでも、マシュマロに身体を預けているかのように、しっかりと反応はあったのだ。年明けからTwitterとYouTubeに注力し、Twitterに関しては年末から昨日までの2週間足らずでフォロワーが60人増えている。また、伸び方も右肩上がりというより、グイッと指数関数的な伸びをしている。まさに、理想通りと言えよう。

早朝覚醒だった今日。目が覚めるとYouTubeの登録者が一人増えていた。YouTubeは苦しい。手間暇がかかって、何にもリアクションがなければ、何のために精魂込めて動画を作ったのかが分からなくなる。そう考えると、一人でも反応があったということは、どこかしらで私がアップした動画を誰かが見ていてくれたわけなのだから、とても嬉しく思う。

140文字以内で構成されるTwitterのつぶやきに比べ、編集などの複雑な作業を伴うYouTubeの作成では、全くの無反応が続き、心折れる人が多くいることを理解している。だからこそ、自分は、ある程度の殻を破って抜きん出る存在となっていたいと思う。レッドオーシャンと化した英語解説動画の中でも、今の流れの「ショート動画」に重きをおけば、やはりそこには突破口が見えるに違いない。そう考えるとワクワクする。

ブログでも、Twitterでも、YouTubeであっても、試行錯誤しながらも、そのプラットホームに居続け、反応がなければ自分の発信内容を見直す。そうやって改善を重ねることによって、会ったことのない誰かと支え合い、励まし合って人生を充実させられるようになる。これは、「現代」における人間関係のスタイルの大きな特徴となったのであり、そこに対して否定的な観点を持つということは、「現代」に生きる自分の可能性を小さくしてしまうだけなのだと思う。

出会いは必然。時の流れのなかでシッカリと泳いでいれば、必ず出会うべき人と出会うことができる。そう信じることこそ、第4次産業革命に向かって生きる我々に必要な考え方なのではないだろうか。

-思考力