Uncategorized

”No コロナ, No life”

2021/12/3

  不安とは一体何なのであろうか。自分の心がぼんやりと揺れ動く。芥川龍之介風に言えば、「ただ漠然とした不安」に、敏感な人間は反応してしまうのかのしれない。ある物を創作するとき、それが流れ作業でできるような無味乾燥な商品ではなく、自分の全身全霊をかけた魂の産物であれば、その完成に至るまでの不安というのは、なかなか拭いきれないはずである。私が、今、この瞬間に描いている文章であれ、やはり「論証責任」という厳しい制約の元に書かれていなければならない。そうでなければ、ただただ文字が並んでいるだけの模様にし …

ReadMore

Uncategorized

台風の中のワンコ

2021/12/2

  久しぶりに長く眠れた。ただ、いつもの眠剤に加えて、コンビニのお菓子をたっぷりと食べるという、けっこう無茶なやり方で眠った。目が覚めると、ベッド周りは、お菓子の袋が散らかっていて、スナックの破片がバラ撒かれていた。俗に言う「夢遊病」というか「夢遊食」。久しぶりにやってしまった。でも、毎晩このような「愚」が続かなければ、あまり問題ないのかと思っている。眠れない自分に、ある程度質は低いが、ひとつ贈り物をしてあげたような感じだ。 ここ数日、睡眠BGMの効果を再認識している。ここのところずっと、就寝時 …

ReadMore

Uncategorized

養老の教え

2021/12/1

  日本人としては、なかなか情けないことなのかもしれないが、「養老孟司」という人を、先日初めて知った。書店に並ぶ本で、その名前を知りつつも、読み方がわからなかったという始末。今、愛機MacBook Proで変換をかけたが、1発で変換できた。やはり、常識的に知っていなければいけない固有名詞だったのだ。そして、彼のYouTubeチャンネルの講演会の様子を観て、そのユーモラスかつ有益な話に魅了された。特に、印象的だった話は、「方程式」の話であった。 義務教育の数学を理解していれば、「2x-4=6」なら …

ReadMore

Uncategorized

浸透する速度

2021/11/30

  バビロンの大富豪の教えのひとつに、「欲望に優先順位をつけよ」と言う教訓があるが、今、私の欲しがっている「スケートボード」は、それに該当するのだろうか。先日のオリンピックでシユされたようなタイプのスケボーとは違い、私が狙っているのは、「サーフスケート」と呼ばれる、サーフィン練習用の板。やはり、YouTubeでプロサーファーのスタイリッシュなライディングPVを観ていれば、欲しくてたまらなくなる。今、所有しているスケボーをメルカリで売却したら、購入予定。昨日、1日で売れた商品もあるので、幸先の良い …

ReadMore

Uncategorized

HSPなシンデレラ

2021/11/29

  私の母は、とても人の目を気にする、極度の人見知りで、全く子離れができない親であった。人の目が過剰に気になるというのは、「HSP」という症状で、日本人の5人に1人が発症すると言われているポピュラーな症状だ。ただ、私の母は、重症・重篤と言っていいほどの人であった。人とコンタクトを取ることを不得手とするが、人から何かを依頼されると断れないお人好しの性格も、最期まで消えぬままであった。また、モノを捨てられず、大量に物を購入する「買い物依存」の傾向があり、家にはタグのついた物が溢れかえっていた。安物を …

ReadMore

Uncategorized

今は流れている

2021/11/28

  目が覚めると、まだ陽が差していない暗い外の様子。いつものように早朝覚醒かと思いつつ、何やら眠気がなくスッキリと目が覚めた。iPadのホームボタンを押してみれば、すでに時計の針は、朝の5時半をまわっていた。つまり、私の体内時計が狂っていたのではなく、世界が冬の時間モードにシフトしていただけなのだ。もちろん、そのようになるということは、外気がとても冷え込んでいるわけで、空気の入れ替えで部屋の全ての窓を全開にしてみたが、まるで冷蔵庫を開いたかのような冷風が入り込み、当然の如く、今朝は強い冷え込みか …

ReadMore

Uncategorized

爽快な風の音に貫き通す

2021/11/27

  雨の音。風の音。そんな癒しの音楽をかけながら眠りにつく。なぜゆえに、こんな当たり前のことを忘れていたのだろう。熟睡用の疲労回復BGMで眠り、今、朝を迎えて、ひんやりとした気持ちの良い朝日のもとで、スケボー を蹴って帰ってきた。洗濯物を洗う洗濯乾燥機は、シャカリキに働き、千葉に来てからの私の仕事の自担を、本当によく軽減してくれた。やはり、睡眠によって疲労回復をして得られる恩恵は、とても大きいものだと実感する。 何かを成し遂げるために、もっと言えば、何かの達人になるためには、このような自分を高め …

ReadMore

Uncategorized

明るいゾンビの活動

2021/11/26

  日本人の「安全」に関しての意識は、非常に高い。たとえば、このコロナ禍であっても、皆、当たり前のようにマスクをして外出している。他の先進国は、マスク着用率は減少傾向にある。一人だけマスクをしないという「例外」も、暗黙の緑化イデアルが如く、きつく許すこともない。マスク義務化が法律で規定されていないにせよ、日本の「右向け右」の動きには、良くも悪くも目を見張るものがある。結果的に、他の先進国のコロナ患者のリバウンドを考えれば、日本人の意識が高かったから得られた、集団意識の勝因と言えよう。ただ、ここま …

ReadMore

Uncategorized

うつらうつらと書き記す

2021/11/25

  眠い。とにかく、中途覚醒が酷くて眠すぎる。目が覚めたから、ブログを一本仕上げようと、手書きの原稿を作り始める。すると、一気に眠気に勝てなくなり、いつの間にか眠っていて、次に目が覚めても朝日は昇っていない。スタジオジブリのBGMをかけて、再度穏やかに眠れるほど、ディズニー映画は優しくもない。こんな時に、どうやって自分の睡眠障害との距離を保つべきなのだろう。このような揺れ動く綱の上で、注目を得るためにダンスをしようとは思わない。常に自分の体調に注視をし、ブレない自分をキープしなければと思う。 や …

ReadMore

Uncategorized

たとえボムが割れても

2021/11/24

  朝の習慣は、とても大事である。例えば、私の場合、ブログを書くということを日課にしているわけだが、よく言われる「歯磨き」のような習慣となった。書かないと気持ち悪い。当初、2ヶ月持つかどうかということばかりを懸念していたブログ毎日更新だったが、もはや、一年書ききるのは目前である。こうやって、早朝覚醒によってソワソワする日の出まえの午前3時であれ、モーニングルーティンのブログを書くという習慣をしていれば、有意義な早朝覚醒ライフを送れるということになる。 このような身に付けるのが難しい良い習慣もあれ …

ReadMore

広告

Uncategorized

未来のバンドエイドをはがす

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

未来のバンドエイドをはがす

 

スムーズに流れていく秋。ゆったりとリラックスする。心を落ち着かせ、考えるのをやめるには、とてもいい季節である。スウィートな10月に、ひしひしと幸せを感じている。たった今、釣りから帰宅し、魚を捌く前に、このブログを仕上げておかなければ、一番大切な「ブログ毎日更新」が途絶えてしまう。それだけは避けないと、一気に不幸な状態になりかねない。養殖のサカナではない、自分で釣り上げた魚を捌き、それを食料にしているのだが、まだまだ自給自足できるほどの旨い調理ができておらず、骨ばかりの刺身しか取れずに悪戦苦闘する。書き上げたら、マックのキーボードを叩いている掌は、一気に包丁を握ることとなる。

このままいけば、セミリタイアしてからの食費も、釣りで賄える日が来るかもしれない。見栄を張るために何かを欲することをしなければ、無理して働く必要もない。週休2日で9時5時の働き方という決まり切った「型」が崩壊し、様々なワークスタイルが浸透しようとしている今、丁寧な暮らしをすることというのは、自分を癒す為に最も有効な手段だと言える。もちろん、誰もが誰も労働しなくなることがいいかといえば、そんなことはない。経済が回らず、税金だって何処から引きぬけばいいのかも分からなくなってしまう。

しかしながら、このような鳥のせせらぎを聞くことに幸せを感じる生き方に価値を見出せるようになると、実は、マジメに「9時5時」で働いていた人たちが、ノーガードで税金を取られ放題だったことにも気付くわけで、たまの休みの釣りやサーフィンの満足感を、ずっと味わっていたいということになれば、フルタイムの正社員の人たちだって、税金を払わずに余暇の時間を増やすことを考えるようになるだろう。このコロナ禍で、そろそろ、大きな黒い塊がバタバタと倒れていく。そんな中、会社員であるという変なプライドが、果たして本当に必要なのかを、各々が考えなければなるまい。

断捨離やミニマリズムの考えを意識しているうちに、私自身の考え方や生き方が、とてもシンプルなものになった。例えば、時間の流れに対する考え方も大きく変化した。キリスト教的に、「過去・現在・未来」という時系列の順番の概念を、一度だけ取り外し、逆方向から考えれば、「過去」に執着することの虚しさが、一気に浮き彫りになってくる。これは、私という存在の立場からの考え方の変化であるから、特定の宗教や思想を批判しているわけではない。これを大前提として、以下の文章を整えていく。

未来に悩むということは、現在に居る自分が、過去の失敗を引きずっていることが発端となっている場合がほとんどである。では、未来から自分を見たときに、現在の自分の存在を、とりあえず「なんでもない」ということとして考えれば、ことの次第は一気にシンプルになり、とりあえず「生産性」が上がることにつながるのではないだろうか。もちろん、全てを効率化することを目的とするわけではないが、現在、どん詰まりで身動きが取れなくなっているのであれば、いったん自分の理想の未来像を、想像してみることが大切となる。

もちろん、このような楽観的なアドバイスをしたところで、「今」に囚われている人にとってはいい迷惑。それでは逆に、現在、絶対にやりたくないことを考えてみる。それを「やらない」ために「今」すべきことが、理想の「未来」へ繋がっていく。このような考え方はなかなか面白いと思う。例えば、私は、「今」の生き方を絶対にやめたくない。だから、やめたくないことを「やらない」ために、「今」すべきことは、今のスタイルを崩さないということになる。これは、ロジック的に難しく、一種の「アポリアー」な状態になってしまうのだが、とりあえず「現在」に満足しているから、それを「未来」にも続けていたいということだ。

もう「過去」のあれこれは、「時効」なのだ。スマホなんか持たずに釣り糸を垂らし、ゆったりと穂先を眺める。釣りをしながらスマホをいじっている人たちが、どれだけAIに支配されていくのだろうかと、要らぬ心配をしていることがある。お節介なので仕方ないが、「今」は、自分の自由だけを考えていたい。帽子を取ると、額に違和感があった。そういえば、昨日、サーフィンをしていて、他のサーファーとぶつかりかけて、自分の板で額を切った。その時のバンドエイド。こんなダンディーな中年時代を過ごす私は、批判されようが、否定されようが構わない。だって、未来の自分が「今」の自分の生き方を応援してくれているはずだから。

-Uncategorized

© 2021 思考力養成予備校 Powered by AFFINGER5