Uncategorized

断蜜が終わる頃

2021/10/19

  3LDKのマンションから、3LDKの古い一戸建てへ。そして今のワンルームのアパートsで生活している。そもそも、一人暮らしの男性が、だだっ広い3LDKに住むなど、「異常」に贅沢なことであり、不要なモノのために家賃を支払っていたようなものだ。数週間開かずの扉に収納された物を処分し続け、ただただ広い部屋のデッドスペースを縮めれば、一気にコンパクトな空間で暮らせる。今のワンルームで十分に生活できているのだから、今までが、いかにムダだったかもよく分かる。空間が広ければいいというわけではない。 結局のと …

ReadMore

Uncategorized

未来のバンドエイドをはがす

2021/10/18

  スムーズに流れていく秋。ゆったりとリラックスする。心を落ち着かせ、考えるのをやめるには、とてもいい季節である。スウィートな10月に、ひしひしと幸せを感じている。たった今、釣りから帰宅し、魚を捌く前に、このブログを仕上げておかなければ、一番大切な「ブログ毎日更新」が途絶えてしまう。それだけは避けないと、一気に不幸な状態になりかねない。養殖のサカナではない、自分で釣り上げた魚を捌き、それを食料にしているのだが、まだまだ自給自足できるほどの旨い調理ができておらず、骨ばかりの刺身しか取れずに悪戦苦闘 …

ReadMore

Uncategorized

毒の刷り込み

2021/10/17

  昨日は、少ないながらも続いている、雇用契約関係にある学習塾でのオンラインの大学受験指導であった。やっとのことで、オンライン機材の扱いにも慣れてきており、少々のタイムラグや、画面スイッチングで沈黙ができてしまうにせよ、英文解釈などは、明らかに実教室で授業をするより効率的であることを実感する。”why?”と”How?”を中心とした、受け手と授業を「創り上げる」マンツーマンリアルタイム授業がウリの私のテンポも、今や、オンラインでシッカリと発揮できている。 他にも、実教室では絶対にできない、オンライ …

ReadMore

Uncategorized

生に満ち溢れる要素

2021/10/16

  「捨てる」ことと「開運」。やはり、この両者は強くリンクしているようだ。最近では、リサイクルショップに行くことも、もはた当たり前になっており、家の中のモノは、どんどん現金化されている。もちろん、二束三文ではあるが、自分の心の中に居座っている迷惑な感情を排除する為の積極的な断捨離というのは、とても気持ちが良い。自分の心を整理する為の時間というのは、自分自身と向き合う時間を多く取るということでもあり、その整理している間に排出したマイナスの要素は、今後の人生において、まさに「出禁」にすべきだと思って …

ReadMore

Uncategorized

究極のスタンダードな倍々ゲーム

2021/10/15

  財布の中身は、スッカスカ。食べる物にも事欠いていた状態。果たして、ここまで経済的なピンチは、あっただろうか。アプリで確認すれば、待ちに待ったお金が、やっと今日、振り込まれていた。少なくとも、この1ヶ月は、人生でワースト3に入る貧乏生活だった。よく、家に〇〇があると運気が下がるとか、床に〇〇があると金運が下降し、それが家計の経済状況を悪化させるというような風水額的な運気の考え方があるようだが、そもそもミニマリストを目指し、鬼の断捨離をしている私の部屋の床には、サーフィントレーニング用の器具くら …

ReadMore

Uncategorized

立ち上がり、描く。

2021/10/14

寝慣れた。よく分からない言葉かもしれないが、今の私には相応しい言葉になるのかもしれない。インフルエンサーの口コミで、爆発的に売れているマットレスが、私には、全く良さが分からず、その会社は「返金制度」があるほど、品質に自信があるということだったので、遠慮なく返品•返金させてもらった。「おやすみ」と言った後には、瞬時に「おはよう」のような口コミだったし、とにかく高いレビューが多いので、私に限っては、合わなかったということだ。そう割り切ってしまおう。 そんな私が、現在、マットレス代わりにしているのは、極厚のヨガ …

ReadMore

Uncategorized

人生のBGMとしてのJAZZ

2021/10/13

  ドラマには、必ず「エンディング」という場面が存在する。ドラマであれば、オープニングから終わりまで、何度かの波乱万丈ありつつ、クラマックスに向かって話が進んでいくわけだ。このように考えたときに、今だに完全に収束のエンディングを迎えていない「新型コロナウィルス」は、まるで長編ドラマのようだ。そんな延びに延びている悪夢が引き起こした「世界経済打撃」は、全くもって計り知れず、死者や生活困窮者などの数字は、莫大な数が出てしまっている。日本政府が行っている経済成長対策や困窮者に対しての給付金の分配も、結 …

ReadMore

Uncategorized

痛みは勲章

2021/10/12

身体中が痛い。昨日は、三連休だと思っていたのだが、私の手帳だけが三連休で、世間は「マンデーブルー」。そんなこともつゆ知らず、軽くサーフィンでもと思い、サーフボードを車に突っ込んで海岸に行けど、サーファーはいなかった。レベルを問わずごった返す海も嫌だが、荒れた波のときの誰も入っていない海も、なかなか怖いものがあった。 別に、インドネシアのロンボグで波乗りをしたわけではない。昨日の入水地は、日本の外房だ。それなのに、身体中が痛くて、眠ることさえできない。今や、筋肉痛が、2日後に出る年齢になったが、今回は、当日 …

ReadMore

Uncategorized

生きるチャンスをもらう

2021/10/10

マスコミの煽りによる分母の数がどうのこうのとか、選挙が絡んでどうのこうのというのを差っ引いた状態で、東京のコロナの新規感染者数が、とうとう60人となり、今年最少人数となった。明後日、TOKYOに行く私としては、その数を鵜呑みにして、お気楽にshibuyaへ向かおうではないか。 ただ、マスコミにとっては、なかなかネガティブ情報を出せないのか、都内のローカル線が、先日の地震で、今日も運行できなかったという報道が、トップニュースのひとつに挙げられていた。もちろん、地元の人たちにとっては大問題だと思いつつ、その他 …

ReadMore

Uncategorized

500円の範囲で学ぶ

2021/10/10

眠ろうにも眠れない夜。こんなにも切ない夜なのであれば、むしろ眠気が来ようとも寝ずにいようか。今宵は、よく分かってもいない政治や経済の内容は書かず、ゆったりとジャズを聞きながら、夜更けにブログを書こうか。それもまた一興。とはいえ、やはり眠りたくとも身体が火照ってくるというのは、結構、ツライものでもある。 全段落を書いた後、2時間程度眠れた。今日の睡眠は、もう、これで十分に感じる。この記事を書けば、今日の仕事は終わりにしてしまおう。日の出の前に仕事が終わるとは、なかなか自由な生き方ができている。文章を書きなが …

ReadMore

広告

Uncategorized

生きるチャンスをもらう

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

生きるチャンスをもらう


マスコミの煽りによる分母の数がどうのこうのとか、選挙が絡んでどうのこうのというのを差っ引いた状態で、東京のコロナの新規感染者数が
、とうとう60人となり、今年最少人数となった。明後日、TOKYOに行く私としては、その数を鵜呑みにして、お気楽にshibuyaへ向かおうではないか。

ただ、マスコミにとっては、なかなかネガティブ情報を出せないのか、都内のローカル線が、先日の地震で、今日も運行できなかったという報道が、トップニュースのひとつに挙げられていた。もちろん、地元の人たちにとっては大問題だと思いつつ、その他の全国の地域の人にとっては、どうでも良い問題と言えばどうでも良い。

極論しても「炎上」するほどの影響力などない私のブログだから、そんな残酷なことも言えるが、事実、岸田首相が「コロナの飲み薬」を、年内に実用化させ、それが素晴らしい効果を発揮して「しまった」のであれば、マスコミの方々の焦点は、果たして、どちらへ向かうのだろうか。

仮に、コロナをバラ撒いた国の圧力に屈しないと言っている、勇気ある台湾の姿勢に焦点を当てるとしたら、それさえも「ポジティブ情報」であるから、一過性の話題で終わってしまう。やはり、マスコミの側に立って考えると、「世界不平和」を望む以外ないと言えるのかもしれない。人間の本能に訴えかける、ネガティブアンテナを、ビリビリと刺激するのが、彼ら彼女らの「仕事」なのだから。

私のネガティブ情報など、読者の方々にとって、全くどうでも良いことであり、むしろ、ほとんど読まれることのない私の拙い文章を読んでくれているような、優しい方々にとって、10ヶ月もの間、私の筆を止めない勇姿というのは、ポジティブに映るに違いない。だから、心からの応援を頼みたいものだ。

しかしながら、TOKYOへ行く交通費すら厳しく、明日も、1,000円程度しか消費できない私の経済状況では、大きく前進することも後退することもない、至って変化のない暮らしっぷり。釣った魚を食べるという自給自足の生活に入っているので、YouTubeのオススメ動画の多くは、小魚から高級魚までの捌き方が、ズラリと並んでいる。なんて平和なんだ。

あえて、ネガティブ情報を出すとすれば、やけに硬い黒鯛の鱗を捌いているときに、左手の薬指を切ってしまったことくらいか。あとは、左腕の内側に、謎の引っ掻き傷ができているくらい。これは、前回の診察で、ナースがいないから、私の主治医が私の採血をしたときにできた傷だとしか思えない。次回のShibuyaでの診察の口火は、クレームから始まりそうだ。

そんな憎まれ口を叩きつつ、自分の主治医には、心から感謝をしており、外房に移住しても、わざわざ片道2時間半の道のりを、月に2回通うだけの強い信頼をしている。この医者がいなければ、今、私がのんびりとJazzやボサノヴァを聞きながら、リラックスしてブログなど書けていなかった。コレは、間違いない。

そのような巡り合わせに感謝しつつ、自分の部屋をStarbucks仕様にして、英検準一級の語彙問題を解けども、「15/25」という、英語講師としてあるまじき点数だった。言い訳をさせてもらえば、パソコンの画面越しにスラスラと解いたのが原因。とはいえ、TOEICは、書き込み禁止。英検の問題であれ、書き込みをせずとも解けなければ大恥である。

ただ、授業の鋭さは日増しに上がっており、その要因は、やはりオンラインの機材を使いこなしつつ、今までの長い経験を活かせているからだ。コレは、私の主治医がピカイチの腕前であることと同様、確実なことである。更なる言い訳をさせてもらえば、学力と指導力は違うのだということとなる。いや、それは完全なる【excuse】だ。申し訳ない。

時代は移り変わっている。超一流の予備校講師たちが、続々とYouTubeで、無償の動画をアップし、「この続きは有料版で」というお決まりのセールスをしている。もちろん、彼ら彼女らであっても、生活がかかっており、ギチギチのスケジュールを割いているわけだから、【有料動画】への誘導や、有料テキストの販売などは必要である。ただ、そんな有料版の授業やテキスト代であっても、私が受験生だった頃に、予備校に費やした金額に比べれば、まさに「スズメのナミダ」である。

しっかりとした授業に、雑談。さらに、編集が加わって、ほとんど無駄がない。雨にも負けず風にも負けず、1時間以上もの間、長蛇の列に並びながら、授業中に眠気と闘って授業を受けていた過去の自分が、こんな恵まれた時代を知ったら、タイムマシンに乗って、怒鳴り込んで来そうである。

ただ、『前々前世』から変わっていない古代の自分であれ、究極の健康法というのは、良質な睡眠である。こんな現世に生まれ、子孫も残せない状態の私が飲まなければならない眠り薬と気分の波を抑える薬を求めて、東京へ向かう。さらに、こんなコロ助が蔓延する時代。

それならば、平凡に1人で生きている私がしなければならないことといえば、良い授業をして、自分の教え子に、自分の【共育】のDNAをうけとってもらうことである。より良い授業展開を追求するほど、準備に時間がかかってしまう。これを、苦痛と感じない自分は、やはり、この業界が大好きなのだと思う。

-Uncategorized

© 2021 思考力養成予備校 Powered by AFFINGER5