Uncategorized

断蜜が終わる頃

2021/10/19

  3LDKのマンションから、3LDKの古い一戸建てへ。そして今のワンルームのアパートsで生活している。そもそも、一人暮らしの男性が、だだっ広い3LDKに住むなど、「異常」に贅沢なことであり、不要なモノのために家賃を支払っていたようなものだ。数週間開かずの扉に収納された物を処分し続け、ただただ広い部屋のデッドスペースを縮めれば、一気にコンパクトな空間で暮らせる。今のワンルームで十分に生活できているのだから、今までが、いかにムダだったかもよく分かる。空間が広ければいいというわけではない。 結局のと …

ReadMore

Uncategorized

未来のバンドエイドをはがす

2021/10/18

  スムーズに流れていく秋。ゆったりとリラックスする。心を落ち着かせ、考えるのをやめるには、とてもいい季節である。スウィートな10月に、ひしひしと幸せを感じている。たった今、釣りから帰宅し、魚を捌く前に、このブログを仕上げておかなければ、一番大切な「ブログ毎日更新」が途絶えてしまう。それだけは避けないと、一気に不幸な状態になりかねない。養殖のサカナではない、自分で釣り上げた魚を捌き、それを食料にしているのだが、まだまだ自給自足できるほどの旨い調理ができておらず、骨ばかりの刺身しか取れずに悪戦苦闘 …

ReadMore

Uncategorized

毒の刷り込み

2021/10/17

  昨日は、少ないながらも続いている、雇用契約関係にある学習塾でのオンラインの大学受験指導であった。やっとのことで、オンライン機材の扱いにも慣れてきており、少々のタイムラグや、画面スイッチングで沈黙ができてしまうにせよ、英文解釈などは、明らかに実教室で授業をするより効率的であることを実感する。”why?”と”How?”を中心とした、受け手と授業を「創り上げる」マンツーマンリアルタイム授業がウリの私のテンポも、今や、オンラインでシッカリと発揮できている。 他にも、実教室では絶対にできない、オンライ …

ReadMore

Uncategorized

生に満ち溢れる要素

2021/10/16

  「捨てる」ことと「開運」。やはり、この両者は強くリンクしているようだ。最近では、リサイクルショップに行くことも、もはた当たり前になっており、家の中のモノは、どんどん現金化されている。もちろん、二束三文ではあるが、自分の心の中に居座っている迷惑な感情を排除する為の積極的な断捨離というのは、とても気持ちが良い。自分の心を整理する為の時間というのは、自分自身と向き合う時間を多く取るということでもあり、その整理している間に排出したマイナスの要素は、今後の人生において、まさに「出禁」にすべきだと思って …

ReadMore

Uncategorized

究極のスタンダードな倍々ゲーム

2021/10/15

  財布の中身は、スッカスカ。食べる物にも事欠いていた状態。果たして、ここまで経済的なピンチは、あっただろうか。アプリで確認すれば、待ちに待ったお金が、やっと今日、振り込まれていた。少なくとも、この1ヶ月は、人生でワースト3に入る貧乏生活だった。よく、家に〇〇があると運気が下がるとか、床に〇〇があると金運が下降し、それが家計の経済状況を悪化させるというような風水額的な運気の考え方があるようだが、そもそもミニマリストを目指し、鬼の断捨離をしている私の部屋の床には、サーフィントレーニング用の器具くら …

ReadMore

Uncategorized

立ち上がり、描く。

2021/10/14

寝慣れた。よく分からない言葉かもしれないが、今の私には相応しい言葉になるのかもしれない。インフルエンサーの口コミで、爆発的に売れているマットレスが、私には、全く良さが分からず、その会社は「返金制度」があるほど、品質に自信があるということだったので、遠慮なく返品•返金させてもらった。「おやすみ」と言った後には、瞬時に「おはよう」のような口コミだったし、とにかく高いレビューが多いので、私に限っては、合わなかったということだ。そう割り切ってしまおう。 そんな私が、現在、マットレス代わりにしているのは、極厚のヨガ …

ReadMore

Uncategorized

人生のBGMとしてのJAZZ

2021/10/13

  ドラマには、必ず「エンディング」という場面が存在する。ドラマであれば、オープニングから終わりまで、何度かの波乱万丈ありつつ、クラマックスに向かって話が進んでいくわけだ。このように考えたときに、今だに完全に収束のエンディングを迎えていない「新型コロナウィルス」は、まるで長編ドラマのようだ。そんな延びに延びている悪夢が引き起こした「世界経済打撃」は、全くもって計り知れず、死者や生活困窮者などの数字は、莫大な数が出てしまっている。日本政府が行っている経済成長対策や困窮者に対しての給付金の分配も、結 …

ReadMore

Uncategorized

痛みは勲章

2021/10/12

身体中が痛い。昨日は、三連休だと思っていたのだが、私の手帳だけが三連休で、世間は「マンデーブルー」。そんなこともつゆ知らず、軽くサーフィンでもと思い、サーフボードを車に突っ込んで海岸に行けど、サーファーはいなかった。レベルを問わずごった返す海も嫌だが、荒れた波のときの誰も入っていない海も、なかなか怖いものがあった。 別に、インドネシアのロンボグで波乗りをしたわけではない。昨日の入水地は、日本の外房だ。それなのに、身体中が痛くて、眠ることさえできない。今や、筋肉痛が、2日後に出る年齢になったが、今回は、当日 …

ReadMore

Uncategorized

生きるチャンスをもらう

2021/10/10

マスコミの煽りによる分母の数がどうのこうのとか、選挙が絡んでどうのこうのというのを差っ引いた状態で、東京のコロナの新規感染者数が、とうとう60人となり、今年最少人数となった。明後日、TOKYOに行く私としては、その数を鵜呑みにして、お気楽にshibuyaへ向かおうではないか。 ただ、マスコミにとっては、なかなかネガティブ情報を出せないのか、都内のローカル線が、先日の地震で、今日も運行できなかったという報道が、トップニュースのひとつに挙げられていた。もちろん、地元の人たちにとっては大問題だと思いつつ、その他 …

ReadMore

Uncategorized

500円の範囲で学ぶ

2021/10/10

眠ろうにも眠れない夜。こんなにも切ない夜なのであれば、むしろ眠気が来ようとも寝ずにいようか。今宵は、よく分かってもいない政治や経済の内容は書かず、ゆったりとジャズを聞きながら、夜更けにブログを書こうか。それもまた一興。とはいえ、やはり眠りたくとも身体が火照ってくるというのは、結構、ツライものでもある。 全段落を書いた後、2時間程度眠れた。今日の睡眠は、もう、これで十分に感じる。この記事を書けば、今日の仕事は終わりにしてしまおう。日の出の前に仕事が終わるとは、なかなか自由な生き方ができている。文章を書きなが …

ReadMore

広告

Uncategorized

燃える小物収集

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

燃える小物収集


リラックスするために、人は、趣味を持つものだ。しかしながら、自分は非常に熱し易く冷め易い性格ゆえ、なかなかリラックスしながらレジャーをするということが難しい。たった今、釣りたての魚を全て捌き終え、それを全て平らげた。今は、釣りの後の調理にも凝り始めているので、この熱は、かなりの高熱である。コロ助のような後遺症だけはゴメンだ。

目が覚める時間により、私の行動は変わる。夜明けの数時間前ならば、千葉市方面の釣りへ場へ行き、夜明け1時間前程度であれば、波乗りに。やがて、なかなか起きられなければ、そのままスロービートのJAZZをかけながら、ブログを書くようにしている。借金を差っ引けば、セミリタイアといった生活だ。

ただ、睡眠時間が少ない状態も困る。眠らずに釣りに行く生活が続き、居眠り運転で、大学入学時に買ってもらった愛車が、廃車になったこともあれば、少ない睡眠時間で、ヤンチャなことをやって、「御用」となったこともあるので、少々のエンジンブレーキは、必要かとも思っている。釣りも波乗りもサイコーだと言うのはカンタンだが、何事もキワのキワまで極めなければ気が済まない私の性格には、残念ながら、なかなかブレーキはかからないと思う。

逆も困る。何もかもが億劫になって、家から出られないどころか、指先ひとつ動かすことも辛かった日々もあった。大学3年から4年にかけての長い1年半。最愛の母に支えられて、何とか立ち直れた。今は亡き母。いつも自分のことを責めてばかりで、全てのアクシデントを、自分一人で抱えてしまう人だった。

その気の小ささを象徴しているのか、安物買いをしては、それを貯め込み、一切捨てようとはしない。物を片付けられない。千葉に来て、100均でも連れて行こうものなら、同じような文房具を買い、介護施設に戻ると、値札も取っていないモノが、ワンサカ出てきて、よく叱ったものだ。

昨日、ちょうど、床屋の店主と、亡き母の話になり、自分としては、もっと時間をとって、もっと色々なところへ連れて行ったり、美味しいものを食べさせたりしてあげたかったと言うと、店主は、誰でも同じように思うと言った。実際に、色々なことをしてあげてしまうと、お互いの距離感が掴めなくなり、余計に不幸な生活に陥ってしまうというパターンも多いそうだ。これには、なかなか説得力があった。

親に優しくありたいという気持ちとは裏腹に、今になって考えると、自分の人生の効率を上げることばかり考えてしまっていた。コロナ禍で、最期の1年くらいは、まともに会うこともできなかった。これは、親を失った人の中では、レアケースであろう。しかしながら、このようなご時世が長引けば、コロナ禍で自分の親が他界したとしても、もはや、何も感じない人も出てきてしまうような気がする。

胸が苦しくなる。これは、やはり自分の中にある「雑念」に似た何かに火がついて、燃えさかることから生まれる気持ちなのだろう。ただ、苦しいからと言って、自分の「無」を求めることばかりで良いのだろうか。不思議と貯まっていく苦しみの根源は、やはり、自分の中にあるとするならば、やはり、母の「小物収集」のような感覚と同じく、捨て去るということに罪悪感を感じなければならないはずだ。

もはや、予備校の垣根を超えて、現場の講師たちは、受験生を掻き集めようとしている。だが、それももう遅い。どんなに過去に栄光がある講師でも、時代に争うことはできない。昔の思い出を捨てきれずにいれば、ただの昔語りの「老害」となる。そうなりたくなければ、やはり私自身も、母との思い出ばかりにしがみついていては、甘えの抜けきらない「中年」に終始してしまうこととなる。

アメリカに国籍がある日本人のノーベル賞受賞を褒め称える、新しい首相。無作為に電話をかけて出たという新総理の賛否のデータは、各メディアで数字が異なっている。このコロナ禍で、確実な経済政策はできるのだろうか。そんな議論も、今ではYouTubeで、政治家同士が腹を割ってコラボ動画をアップしている。そうなれば、まさに、裏の裏すらかけない、ニュートラルな政治になっていくのだろうか。それならば、こんなにフェアな時代もない。

タダで動くのは地震だけ。こんなことを言って、父を叱っていた母。お金に関してだらしなかった父ももう居ない。独身の私は今、自分のことだけを考えて行動できる。大きなアクシデントであっても、それは自分の中だけで解決すれば、誰に迷惑をかけるわけでもない。

東北で起きた地震が、鹿児島で起きた。まさに「南海トラフ地震」の危険性が上がっているとしか思えない状態。早々にリタイアして、もっと税金の安い国に移住しよう。1人だと、このような面において、とても楽チンである。最後は、何とも締まりの悪い終わり方になった、今回のブログである。

-Uncategorized

© 2021 思考力養成予備校 Powered by AFFINGER5