no image

Uncategorized

2021/12/4

  双極にあるものに対して、「ああすればこうなる」という感じで話をまとめられるのは、極めて稀である。例えば、気分の上がり下がりの解説をしているときに、落ち込みと浮き上がりというふうに、大きく捉えることはできたとしても、必ずしも「上がり」を褒められた状態と定義することは難しい。「上がり」のときに散在して落ち込むのならば、多少は苦しくとも、家でじっと「下がって」いた方がいい。精神病の一つの双極性障害などは、まさにこの典型例に当てはまり、ハイからローにシフトチェンジしたときが一番危険だとも言われている …

ReadMore

Uncategorized

”No コロナ, No life”

2021/12/3

  不安とは一体何なのであろうか。自分の心がぼんやりと揺れ動く。芥川龍之介風に言えば、「ただ漠然とした不安」に、敏感な人間は反応してしまうのかのしれない。ある物を創作するとき、それが流れ作業でできるような無味乾燥な商品ではなく、自分の全身全霊をかけた魂の産物であれば、その完成に至るまでの不安というのは、なかなか拭いきれないはずである。私が、今、この瞬間に描いている文章であれ、やはり「論証責任」という厳しい制約の元に書かれていなければならない。そうでなければ、ただただ文字が並んでいるだけの模様にし …

ReadMore

Uncategorized

台風の中のワンコ

2021/12/2

  久しぶりに長く眠れた。ただ、いつもの眠剤に加えて、コンビニのお菓子をたっぷりと食べるという、けっこう無茶なやり方で眠った。目が覚めると、ベッド周りは、お菓子の袋が散らかっていて、スナックの破片がバラ撒かれていた。俗に言う「夢遊病」というか「夢遊食」。久しぶりにやってしまった。でも、毎晩このような「愚」が続かなければ、あまり問題ないのかと思っている。眠れない自分に、ある程度質は低いが、ひとつ贈り物をしてあげたような感じだ。 ここ数日、睡眠BGMの効果を再認識している。ここのところずっと、就寝時 …

ReadMore

Uncategorized

養老の教え

2021/12/1

  日本人としては、なかなか情けないことなのかもしれないが、「養老孟司」という人を、先日初めて知った。書店に並ぶ本で、その名前を知りつつも、読み方がわからなかったという始末。今、愛機MacBook Proで変換をかけたが、1発で変換できた。やはり、常識的に知っていなければいけない固有名詞だったのだ。そして、彼のYouTubeチャンネルの講演会の様子を観て、そのユーモラスかつ有益な話に魅了された。特に、印象的だった話は、「方程式」の話であった。 義務教育の数学を理解していれば、「2x-4=6」なら …

ReadMore

Uncategorized

浸透する速度

2021/11/30

  バビロンの大富豪の教えのひとつに、「欲望に優先順位をつけよ」と言う教訓があるが、今、私の欲しがっている「スケートボード」は、それに該当するのだろうか。先日のオリンピックでシユされたようなタイプのスケボーとは違い、私が狙っているのは、「サーフスケート」と呼ばれる、サーフィン練習用の板。やはり、YouTubeでプロサーファーのスタイリッシュなライディングPVを観ていれば、欲しくてたまらなくなる。今、所有しているスケボーをメルカリで売却したら、購入予定。昨日、1日で売れた商品もあるので、幸先の良い …

ReadMore

Uncategorized

HSPなシンデレラ

2021/11/29

  私の母は、とても人の目を気にする、極度の人見知りで、全く子離れができない親であった。人の目が過剰に気になるというのは、「HSP」という症状で、日本人の5人に1人が発症すると言われているポピュラーな症状だ。ただ、私の母は、重症・重篤と言っていいほどの人であった。人とコンタクトを取ることを不得手とするが、人から何かを依頼されると断れないお人好しの性格も、最期まで消えぬままであった。また、モノを捨てられず、大量に物を購入する「買い物依存」の傾向があり、家にはタグのついた物が溢れかえっていた。安物を …

ReadMore

Uncategorized

今は流れている

2021/11/28

  目が覚めると、まだ陽が差していない暗い外の様子。いつものように早朝覚醒かと思いつつ、何やら眠気がなくスッキリと目が覚めた。iPadのホームボタンを押してみれば、すでに時計の針は、朝の5時半をまわっていた。つまり、私の体内時計が狂っていたのではなく、世界が冬の時間モードにシフトしていただけなのだ。もちろん、そのようになるということは、外気がとても冷え込んでいるわけで、空気の入れ替えで部屋の全ての窓を全開にしてみたが、まるで冷蔵庫を開いたかのような冷風が入り込み、当然の如く、今朝は強い冷え込みか …

ReadMore

Uncategorized

爽快な風の音に貫き通す

2021/11/27

  雨の音。風の音。そんな癒しの音楽をかけながら眠りにつく。なぜゆえに、こんな当たり前のことを忘れていたのだろう。熟睡用の疲労回復BGMで眠り、今、朝を迎えて、ひんやりとした気持ちの良い朝日のもとで、スケボー を蹴って帰ってきた。洗濯物を洗う洗濯乾燥機は、シャカリキに働き、千葉に来てからの私の仕事の自担を、本当によく軽減してくれた。やはり、睡眠によって疲労回復をして得られる恩恵は、とても大きいものだと実感する。 何かを成し遂げるために、もっと言えば、何かの達人になるためには、このような自分を高め …

ReadMore

Uncategorized

明るいゾンビの活動

2021/11/26

  日本人の「安全」に関しての意識は、非常に高い。たとえば、このコロナ禍であっても、皆、当たり前のようにマスクをして外出している。他の先進国は、マスク着用率は減少傾向にある。一人だけマスクをしないという「例外」も、暗黙の緑化イデアルが如く、きつく許すこともない。マスク義務化が法律で規定されていないにせよ、日本の「右向け右」の動きには、良くも悪くも目を見張るものがある。結果的に、他の先進国のコロナ患者のリバウンドを考えれば、日本人の意識が高かったから得られた、集団意識の勝因と言えよう。ただ、ここま …

ReadMore

Uncategorized

うつらうつらと書き記す

2021/11/25

  眠い。とにかく、中途覚醒が酷くて眠すぎる。目が覚めたから、ブログを一本仕上げようと、手書きの原稿を作り始める。すると、一気に眠気に勝てなくなり、いつの間にか眠っていて、次に目が覚めても朝日は昇っていない。スタジオジブリのBGMをかけて、再度穏やかに眠れるほど、ディズニー映画は優しくもない。こんな時に、どうやって自分の睡眠障害との距離を保つべきなのだろう。このような揺れ動く綱の上で、注目を得るためにダンスをしようとは思わない。常に自分の体調に注視をし、ブレない自分をキープしなければと思う。 や …

ReadMore

広告

Uncategorized

新年の目標 Lead a fulfilling Surfin’ Life outside of work

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

新年の目標 Lead a fulfilling Surfin’ Life outside of work

A Happy NEW year !

あけましておめでとうございます。今年も、思考力養成予備校をよろしくお願いいたします。

Shall We ⭐︎t ?

 

新年のご挨拶も程々に、何とか安定した千葉生活を送れつつあるので、今年は、その証拠として「サーフィン」を仕事の外のライフワークとして確実に取り入れようと思っている。滑り込みホームページ完成と並行し、実は密かにサーフィンをしていたのだが、思いっきり肩から海底へ叩きつけられ、古傷の肩鎖関節がバッキバキの状態。

 

30代前半に不治の障害と診断されたスケボー転倒時の肩のケガ。認められず、数年後、淡い期待とともに医者を変えた30代半ば。1回の注射で、痛みが消え去り、あっさりと肩が上がる。こうなると、リハビリにも熱が入り、一気に回復したことを思い出す。やはり、セカンドオピニオンは大切だと知った。そして、40代のオヤジが、再度負傷。千葉の歯医者のいい加減さから、2時間半かけて、故郷東京の歯医者に月一で通っているが、肩のリハビリともなると、朝の8時45分から、毎日、オジジオババの世間話を聞きながら開院を待つことになる。さすがに、そこまでスゴ腕の整形外科医ではないので、行きつけの千葉の医者に診察してもらおう。毎月一回、膝のヒアルロン酸の注射も打ってもらっているので。また、先生に怒られる。「サーフィンなんて体に悪いスポーツは、そんなに魅力的なんだね」とおっしゃっていたが、サーフィンはスポーツではなく、精神鍛錬ですから。それに、今年開催(するのか?)のサーフィン のオリンピック会場が、千葉ですよ。

 

年末は、波がでかくて根性試し。今日の元旦サーフィン では、道具を忘れたまま強制的に入水。思い通りにいかないのが、波乗りの難しいところ。私の板を、シェイプしている人が言っていたことは、「環境・健康・道具」のバランスが大切と言うこと。ズバリおっしゃる通り。10代半ばからのサーフィンライフに、身体は複利の効果でダメージを受けている。「つみたてNISA」の銀行口座も、こんな感じで増えていくことを望む。「継続は力なり」という遣い古された格言があるが、やはり、思春期に「モテたい」という下心丸出しで始めたサーフィンも、今やオヤジ世代になり、そんな中でもモテたいと思っているのか、いまだに新しい技の練習をしている。オヤジ世代のトラーアルアンドアラーは、若き日の「つみたてDAMAGE」もしっかり引き継いでいるようだ。

私は、同年代の人とは大きく異なり、自分のことを「オッサン」と表現することをしない。自分をそのように言うことで、何やら「シブい」と言わんばかりの輩も多いので、ずっと控えていたので、そのような考え方が抜けない。また、ずっと受験生を指導していたので、私が年齢を重ねても、相手は、ずっと同じ年齢。向こうから見たら、オヤジの年齢・年代であっても、私の心は、受験生より少し先を歩いている人という認識。このような考え方は、自分のプラスの視点だと思っている。

 

完成とは程遠いホームページだが、少しずつ手を加えていく。そのイメージはできているのだが、すでに、車にはサーフボード が2本先に眠っている。エンジンをかけたら“GO!”。やっぱり若い。“Go for it !”

-Uncategorized

© 2021 思考力養成予備校 Powered by AFFINGER5